脳科学者がオススメする方法

脳科学者がオススメする方法

心地よいウオーキングだけでは効果はなく、
ちょっと苦しいくらいになると前頭葉が活性化します。

 

その目安は20分以上と言われています。
有酸素運動にならないと効果は薄いようです。
感じとしては、隣の人としゃべるのが少しきついくらいでしょうか。

 

ですが、これをもっと簡便に出来る方法があるのです。
脳科学者がオススメする方法を以下にご紹介します。

 

恥ずかしがらずに、大きなアクションでやってみましょう。
車椅子の上で手だけ動かしても結構です。

いろいろあります。関心のある方はどうぞ。
3歩目大股歩き   ナンバ歩き   カニ歩き   かかし立ち   ロボット歩き   スキップ   スクワット

脳科学とウオーキング記事一覧

何か不自然な動きを加えると脳は活性化します。通常の動きに、何か不自然な動きを加えると脳は活性化することがわかっています。 3歩目大股歩き(3歩目に不自然を加える)1歩目、2歩目は通常の歩幅で歩き、3歩目を大股で歩きます。大股で踏み出す足が右、左と入れ替わるようにするとなお良い。やり方:@1歩目を左足で歩きます。歩幅は普通に。A2歩目を右足で歩きます。B3歩目を左足で大股に歩きます。こんどはC1歩目...

 俗にいうナンバ歩きです。右足を踏み出すとき、右手も振り出します。同じ側の手足を一緒に動かして無理のないスピードで前方へ進んでみましょう。やり方:@右足を踏み出すとき、右手も振り出します。A左足を踏み出すとき、左手も振り出します。これを繰り返しながら、前へ進みます。B最初はゆっくりと、次第にスピードを上げてみましょう。なお、これは椅子などに座ったままでもできます。このナンバ歩きが簡単にできるように...

 カニ歩き蟹のように、横歩きしてみましょう。右に4歩歩いたら、左に4歩。指先もハサミのようにチョキの形にしてみます。やり方:@足を肩幅に開いてたちます。A指先は、カニのハサミのように、ジャンケンのチョキの形に。B右足の右側に、左足を右側に踏み出します。足をもつれさせないように注意しながら。C右側に4歩移動したら、左側に4歩移動します。D指先も、チョキチョキと動かしてみましょう。*椅子に座ったままで...

 かかし立ち田んぼのかかしのように、片足で立ってみましょう。両手は左右に広げてバランスを取ってください。やり方:@右足で立ち、左足は床から浮かせます。この姿勢を保ったまま、「1、2、3、4、5」と数えます。両手は左右に開いて、バランスを取りましょう。B目をつぶって取り組むと、難しくなります。ですが、無理はしないように。C椅子に座ったままで、片足を床から浮かせ、かかし立ちを行っても結構です。その際も...

 ロボット歩き自分流で構いませんので、ロボットになったつもりで歩いてみましょう。ロボットをイメージするのがポイントです。やり方:@ロボットのように、あるいはおもちゃのように動きます。ロボットを想定しながら取り組みましょう。A恥ずかしがらずに、全身を動かしてください。15秒〜30秒。B「ギョギョギョ」「ガシャーン」「ギューン」など声を出しながらやってみましょう。C一人が前に出てロボット歩きを行い、対...

 スキップスキップしてみましょう。その場で行っても結構です。足の運びに合わせて、腕も自然に動かしましょう。やり方:@スキップをしながら、前方へ進みます。Aスペースがないときは、その場で行いましょう。B腕も自然に振ってください。C出来るだけ大きな動作をしてみましょうD今度は、出来るだけ、ゆっくりやってみましょうE椅子に座ったまま、足先だけでスキップしても構いません。腕もうごかしましょう。F楽しい気分...

 スクワット両足を肩幅に開いて、10〜15cmほど腰を沈めて、元の姿勢に戻ります。両足を閉じたままで、この動作を行うと運動強度が変わってきます。やり方:@足を肩幅に開き、両手を頭の後ろで組みます。軽く腰を沈め、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。5回以上します。A足を開かずに、@の動作を行います。B椅子から立ち上がり、再び椅子に座る動作を繰り返しても結構です。C腰はあまり下まで下ろさなくても結構です。D...

page top