よく歩く子は体力が高い

歩かない子供

東京都教委が都内の子供を対象に初の大規模な歩数調査を実施した。

 

その結果、小学生は1日平均1万1382歩だったことが分かった。

 

1979年には1万7120歩という大学の研究もあり、30年間で3割以上減少した。

 

中学、高校になるとさらに歩数は減る傾向にあり、
専門家は「ゲーム機などの影響で放課後に遊ぶ時間が減ったのでは」と分析する。

 

都教委は昨年9〜10月、都内の小中高校計135校に通う1万6100人の
児童・生徒に歩数計を配り、1日の歩数を記録してもらった。

 

その結果、1日平均で小学生は1万1382歩、中学生は9060歩、高校生は8226歩だった。

 

また、独立行政法人「国立健康・栄養研究所」は過去の複数の研究結果から、
1980年代の小学生は、
男子で平均1万8000〜2万1000歩、女子で1万4000〜1万7000歩だったと指摘。

 

東京学芸大の波多野義郎・名誉教授(健康スポーツ科学)が1979年に
都内の公立小学校4年生計18人に実施した調査では、
晴天時で1万7120歩(男子1万8260歩、女子1万5980歩)だった。

 

 

日常生活の変化が原因といえるのだが、歩数の多い子供ほど体力が高い

 

「歩くことをいとわない」、「歩くことがいいこと」という考えを
小さいときから持つことが大事だと思うのだが。

 

 


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め