運動する30分前。ブラックで。

コーヒーとウオーキング

コーヒーを飲むと自律神経が活性化され、脂肪燃焼が高まる。

 

肥満防止にもつながるというわけだ。(京都大学・応用生理学の森谷教授)

 

また、カフェインが有るのと無いのとではその活性化にも違いがある。

 

ウオーキングとの関連からすると運動の30分前のコーヒーはいい。

 

ウオーキングや自転車などの軽い運動の前にコーヒーを飲むと、
脂肪燃焼効果があることがわかってきた。

 

この場合、砂糖を入れない方がいい。
入っていると脂肪燃焼が小さくなってしまうらしい。

 

 

まとめ
コーヒーを飲むなら、運動する30分前、ブラックで飲むのがいい。
脂肪燃焼に効果があるということになる。

 

 


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め