肥満解消に効く歩き方

肥満解消に効く歩き方

肥満解消に効く歩き方

体に蓄えられた脂肪が燃え始めるのは、運動開始から10〜15分後です。

 

それまでは糖分が使われます。

 

ですから、肥満を解消するには、最低でも10分は歩き、
脂肪の燃焼が始まってからどれだけ歩けるかがポイントになります。

 

また、散歩の感覚で歩くのではなく、背筋を伸ばしてキビキビ歩くほうが、脂肪は燃えやすいのです。

 

ポイント1:10分以上歩くこと。

 

体内で脂肪が燃え始めるのは運動後約10〜15分後だといわれています。

 

最初の10分は準備運動だと考えて、それからどれだけ歩けたのかで効果が表れます。

 

 

ポイント2:会話ができるぐらいのペースで歩く。

 

効率的に有酸素運動をするためには、
息は上がるけど会話ができるぐらいのペースで歩くことが大切です。

 

息が上がらないようだと脂肪燃焼効果は引くと考えてください。

 

 

ポイント3:長時間歩かないこと。

 

肥満気味の方は、自分の体重が足や膝、腰などの関節に負担がかかりやすいのです。

 

あまり長時間歩くと関節のトラブルも心配になりますので、
慣れるまでは1回に1時間ぐらい、週に2日は休息日を作るぐらいの目安で始めるといいでしょう。

 

週休2日と覚えておきましょう。

 

 



「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め