便秘解消に効く歩き方

便秘解消に効く歩き方

便秘の主な原因は、腸の収縮力が低下するとか、便意を感じる神経が鈍くなったりすることで起きます。

 

便秘を解消するためには、運動をして代謝をよくすること、腸を支える腹筋(蝮直筋と腹斜筋)を鍛えることが効果的です。

 

ウオーキングは、歩くことで骨盤周辺をねじるような運動が行われて
腸の蠕動運動を促す効果
があるのと全身の代謝をアップする効果があります。

 

特に正しい歩き方のように背筋を伸ばして胸を張ってあるくことで自然に腹筋に力が入り、腸が働きやすい状態になります。

 

また、生活の中に「歩く時間」を取り入れることで、体のバランスが良くなって、結果として便秘が解消されるという効果も期待できます。

 

ただ、水分不足も便秘には関係しているので歩いて汗をかいたときは、しっかりと水分補給をすることを忘れずに。

 

 

 

具体的な便秘の解消に効く歩き方

 

ポイント1:歩幅を広めに歩く
いつもより歩幅を10cmくらい歩幅を広めにとって歩く。
骨盤が大きく動き、からだをひねるような動作で腸に刺激を与えることができます。

 

ポイント2:こまめに水分を補給吸収
便秘がちの人は便の水分が吸収されて硬くなっていることが多いため、
こまめに水などを飲んで、水分不足にならないようにすると良いでしょう。

 

 


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め