管理人から

歩かないとダメになる。健康になりたかったら歩くことだ。

少しだけ普段より速く歩く。

 

意識して速く歩く。出来たら30分ぐらい歩きたい。

 

身体に酸素を取り入れながら運動するということになるのだ。

 

有酸素運動。これで痩せることが出来る。

 

 

目撃したことを報告しよう。

 

知り合いの60近い壮年というのだろうか、そのおじさん。

 

バスで乗り合わせた時、
ズボンのベルトがはち切れんばかりだったのを目撃。

 

すかさず声をかけた。
「うん、、、。そうなんだ、、、」気にしていた。

 

それから半年ぐらい会う機会がなかった。

 

そして再会。驚いた。
あのお腹がキューンと縮んでいた。7〜10キロくらい痩せた感じ。

 

また、すかさず声をかけた。

 

すると

 

「駅までの往復歩いている。雨の日とか以外は行き帰り20分ずつ歩いていた」

 

のだという。

 

歩かないとダメになる。健康になりたかったら歩くことだ。

 

私はこう考えるようになった。

意識して歩いていたら。

平均的な1日。自分は一体どれくらい歩いているのだろうか?

 

今日「万歩計」を腰のバンドのかけて実際に計ってみた。

 

自宅を出て、自転車に乗り途中のスーパーの大駐輪場まで。

 

そこから駅までの10分くらい歩き、電車で乗り継ぎの駅、下車駅で降り歩いて10分ぐらいで会社へ。

 

会社から営業先を夕方まで次々と廻り、帰りは逆の順路で帰宅した。

 

腰の万歩計を途中見ながらいろいろ考えていた。

 

この万歩計、自転車に乗っていてもカウントしていることはわかった。

 

信号待ちで足踏みしているときももちろんカウントしていた。

 

帰宅して見てみるとなんと15,330歩だった。

 

思っていたより歩いている、というのが正直な感想だ。

 

ちょっと頑張りすぎたかもしれない。

 

意識して階段は上り下りしていた。

 

電車のつり革につかまっているときでも足を動かしていたように思う。

 

ともかく始終動く。

 

落ち着きのないようにハタからは見えたかもしれないけど。

 

今日の試みは、
出来るときに「なんでも実際やってみる」ことが大事と考えた結果なのです。

 

 

 


仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操ビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る