夏のウオーキング

夏のウオーキングの注意点

夏のウオーキングで最も注意が必要なのは「脱水症状」です。

 

暑さと運動による体温の上昇で、汗がどんどん出てしまい、体の中の水分がすぐに不足してしまいます。

 

だから、夏は喉が渇く前にミネラルウオーターとかスポーツドリンクでこまめに水分を補給する必要があります。

 

また、「熱中症」や「熱射病」などにも注意が必要です。

 

真夏は日差しが強く、アスファルトは熱がこもるので、夜になっても熱いことがありますので、街中でのウオーキングをする人は特に注意しましょう。

 

通気性のよい帽子やサングラスで日差しを遮り、吸湿性、透湿性の良い素材のウエアを着るようにしたいですね。

 

また、肌を露出している部分は日焼け止めを塗るなどの紫外線対策も忘れずに。

服装・スタイルは

まず帽子
夏の強い日差しは、「熱射病」の原因になります。

 

帽子をかぶって日差しから守ります。

 

ただし、通気性の悪いものだと熱が内側にこもってしまうので、通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

 

ウエア
汗をすぐに吸ってくれる吸湿透湿性のよい素材を選びましょう。

 

また、速乾性のものですと、ウエアが汗を吸い、それが冷えて急激に体温が奪われるということもありません。

 

 

サングラス
太陽のまぶしさをやわらげ、紫外線から目を守り、空気中のホコリや風などで目が傷つかないように保護する役割っをしてくれます。

 

 

タオル
多量の汗をかきやすい季節なので、顔などの汗を拭うようにしましょう。
また、背中などに入れておくと、汗を吸ってくれるので、ウエアが汗でべたつくような不快な思いもしないで済みます。

 

 

スポーツドリンク
気温の高い夏はあせをかきやすいので、水より吸収率の高いスポーツドリンクでこまめに水分補給をして脱水症状になるのを防ぎましょう。

 

●楽に歩ける夏のシューズ
自然な足の動きで楽に歩ける夏のシューズ


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め