生活習慣病の人の歩き方

痛風(高尿酸血症)の人の歩き方

痛風を予防するための歩き方

 

●運動強度は、ゆったりとした散歩に近い強度のウオーキングを。

 

●運動時間は、食事を終えてから1時間後に散歩に出かけるのがオススメです。
空腹時のウオーキングは、脂肪酸が血中に大量に出て、心臓に負担をかけるのでお勧めできません。

 

●運動頻度
痛みがあるときはとにかく安静に。痛みが治まったら、適度に歩くようにしましょう。
痛風の診断を受けているときは、医師に事前に相談してその指示にしたがってください。

 

 

注意:
血液の流れをよくすることも必要で、痛みがないときに、ほんの1〜2分、つま先歩きをすると効果的。
ふくらはぎの筋肉が収縮し、滞りやすい足先の血液を心臓に送り返す役割を果たしてくれるためです。

 

 


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め