生活習慣病の人の歩き方

脂肪肝の予防の歩き方

脂肪肝の予防の歩き方

 

●運動強度
心拍数は1分間に120〜140ぐらいで、途切れずに話が出来る程度の強度が適当です。

 

 

●運動時間
最低15分〜20分は続けて歩くようにしたい。
長く歩くと効果は上がりますが、60分以上歩くときは15分程度の休憩を挟むようにします。
60分以上歩くと、自覚はなくとも疲労が出てきて、転倒しやすくなるので注意が必要である。

 

 

●運動頻度
週3回から始めて、慣れてきたら週5回を目指す。

 

 

注意:血液循環をよくするために、水分補給を心がけましょう。
また、脂肪肝の人は、高脂血症や糖尿病などを併発している場合が多いのです。
医師の診断を受けているひとは、ウオーキングを始める前に必ず相談してください。

 

 


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め