雪道での靴

雪道での靴

 

雪道にはスニーカーや革靴の靴は適していません。

 

また、重心が不安定なハイヒールで歩くのは大変危険です。

 

寒い地域では、雪や氷に覆われた路面を歩くのに適した「冬靴」が靴販売店などで販売されています。

 

冬靴の最大の特徴は靴底にあります。

 

滑らないように雪面に密着する柔らかいゴム素材を使ったり雪や氷に引っ掛かり、水はけをよくするように、細かくて深い溝が付けてあります。

 

ゴムにガラス繊維や砕いた貝殻などを混ぜて滑らないように工夫している靴もあります。

 

また、硬いアイスバーンに効くように、金属のピンや金具が付いた靴もあります。

 

滑らないことが一番ですが、防水性(水にぬれても靴の中まで染み込まないこと)や防寒性(靴の中がいつも暖かく保温性に優れていること)を持った靴を選ぶと、冬の多少の悪条件でも快適に歩くことができます。

 

 

靴用アタッチメント

 

とはいえ、雪国以外の地域の方は、使用頻度も少ないと思いますので、冬靴をする前に、着脱可能な「靴用アタッチメント」をおすすめします。

 

靴用アタッチメントは、ゴムバンドなどで靴底に固定するだけで自分の靴に簡単に装着できます。

 

価格は1000円前後からあり、インターネットの通信販売サイトなどでも入手できます。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め