朝と夕方。気を付けましょう

転倒事故が多い時間帯

 

転倒事故が多い時間帯

 

気温が氷点下になりさえすれば、どこでも路面が凍結する可能性が高くなります。

 

転倒対策は、雪国だけにとどまらない課題です。

 

転倒事故がもっとも多いのは通勤などでひとの活動が活発になり、
気温が上昇し始める午前8時から10時の時間帯です。

 

また、日が落ち始め、急激に冷え込んでいく午後4時〜5時にかけても比較的、転倒事故が多くなっています。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作りロボット知り始め